“たがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
94.1%
相互2.7%
交互1.1%
互交0.5%
各自0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に何だか訳の分らない気持がしているところへ、今日は少し生暖かい海の夕風が東から吹いて来ました。が、吉はち強がって
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それはネ、どうせ些とは何とか言いますのサ。また何とか言ッたッて宜じゃア有りませんか、しお相互に潔白なら。どうせ貴君、二千年来の習慣を
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
チョビ安はまるい眼をキョトキョトさせて、作爺と泰軒居士へ、交互に問いかけた。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
かくて酒肴の用足しから帰って来た女房は、その手巾を片襷に、愛吉が背後へ廻って、互交じく語らいながら、なるにきらきらと片割月のきらめく剃刀。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一流のホテルが、各自にその景勝の位置を誇って、海にむかって建ち並んでいる。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
然るに世をうるの後はに兵を擁して、以て皇帝をくせり。昔は賈誼漢の文帝に勧めて、禍を未萌に防ぐの道をせり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
女は一度嫁して其家を出されては仮令二度富貴なる夫に嫁すとも、女の道にて大なるなり。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)