幻談げんだん
こう暑くなっては皆さん方があるいは高い山に行かれたり、あるいは涼しい海辺に行かれたりしまして、そうしてこの悩ましい日を充実した生活の一部分として送ろうとなさるのも御尤もです。が、もう老い朽ちてしまえば山へも行かれず、海へも出られないでいます …
作品に特徴的な語句
此処ここい じょう 甲板かっぱ じき いっ かんこ さが わらい かわ おそろ 嬋娟せんえん どこ いち 魚釣うおつり だん めず ごく 申出もうしだ あせ みよ りょう きま しゅ とど おそろ かい 御影ごえい 何方どなた また いり すき ゆう 鼠色ねずみ けん ちげ つら 蛇口へびぐち しな おのず 生暖なまあたた 気味ぎみ らく がた ざま ひっ たく そね はず こら あた 一竿ひとさお はち あが がみ 大魚たいぎょ ふみ もろ わずか 小庭こにわ 小潮こじお 一葉いちよう すで 幾何いくら しき のち 舟首みよし かんがえ うけたまわ にな ぬぐ 指折ゆびお いばら しお 深山しんざん 海面うみづら 汗取あせと たたみ すぐ たのし かみ あらた 三弦しゃみ 日取ひど 旗本ぱたもと 三昧さんまい ごみ