“諸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もろもろ37.5%
もろ31.3%
これ7.5%
もろ/\6.3%
もろも3.8%
2.5%
コレ2.5%
しよ1.3%
すべて1.3%
しょ1.3%
しゅ1.3%
スベテ1.3%
モロ1.3%
モロモロ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現御神と大八島国所知天皇が大命らまとりたまふ大命を集侍れる皇子等王臣百官人等天下公民聞食さへと詔る」(下略)と。
道鏡 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
濃いが、り重り、汽車とともにりながら、その百鬼夜行の、ふわふわと明けゆく空に、消際らしい顔で、硝子窓をいて
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
〔譯〕英氣は是れ天地精英の氣なり。聖人は之を内にめて、を外にはさず。賢者は則ち時時之をはす。自餘豪傑の士は、全然之をはす。
われらを愛する者、人誰か愛せざらむ、わが心、救世主を見て、躍り喜ぶ。の信者たちれ、われらが爲に生れ出で給ふこの幼兒はむ。
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)
そうして水分を含んだ日の光に揺れて、年久しく腐ったろの生物の魂のように、ふわふわしてさまよっている。
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)
故に未だ其底蘊を罄ざる者鮮しと為さず、人をして医道の真面目を知らしめんと欲するに急にして、かに剞劂に附し、れを天下に公けにす。今自ら之を観れば、慙愧殊に甚だし。
杉田玄白 (新字新仮名) / 石原純(著)
然リト雖モ其ノヲ吉原ニ比較スレバヘ大楼ト謂フ可キモ亦カノ半籬ニモ及ブ可カラズ。其ノ余ハ推シテ量ル可キナリ矣。
上野 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
鋼索化學用劇藥其他世人到底豫想幾多材料蒐集中なりしが、何時とも吾人氣付かぬ姿しぬ。
の谷は埋られ、諸の山と崗とはげられ、屈曲たるは直くせられ、崎嶇くせられ、諸の人は皆神の救を見ることを得ん
三丰て武当の巌壑び、異日必ずらんといいしもの、実となってこゝに現じたる也。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「そんなに気のきかねえ話じゃありませんよ。——れん手管の裏表、色のわけ——と言ったような」
……爲祖父母、父母、伯叔父母、姑嫜及舅姑。割股(奴卑爲本主同)
やはり「に」の義で、全体の意とし、その使うてゐる為事為が、最近に「足場がもろに倒れるといかぬ」と言うたと教へてくれ、村田春雄君は「電柱がもろに倒れて来た」との例を寄せられた。
方言 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ハヾ者天地神及天皇霊ニカケセム矣(敏達天皇十年閏二月)
古代人の思考の基礎 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)