七宝の柱しっぽうのはしら
山吹つつじが盛だのに、その日の寒さは、俥の上で幾度も外套の袖をひしひしと引合せた。 夏草やつわものどもが、という芭蕉の碑が古塚の上に立って、そのうしろに藤原氏三代栄華の時、竜頭の船を泛べ、管絃の袖を飜し、みめよき女たちが紅の袴で渡った、朱欄 …
作品に特徴的な語句
少女こおんな ささ ぶり かさね 御酒おんさけ ぬき きまり われ さみ 泥濘ぬかり 浮出うきで ひとつ むずか しゃく たわわ さかり あきらか 退しりぞ このみ くい とこ おごそか すなわち えもの 寂然しん こう がく こころざ 上下じょうげ おおき 旅店はたごや あかる がき 車夫わかいしゅ 侍士じし はた さかり またたき ほっそ きょう わか こご 崖下がけさが 引合ひきあわ 御声おこえ 御目おんまな しゅうと あきら 有難ありがと やっ あぜ 白象びゃくぞう 真黒まくろ くれない えが ならび せな かさな 能書のうしょ におい そびや あが 轅棒かじ 薄紅うすあか 蜀紅しょくこう ごし あつらえ さく つの 御前おんまえ よろ かか ひらた 微笑ほほえみ せき たけなわ かけ 一々いちいち 黄金きん さき 鷲尾わしのお 岩膚いわはだ うお いわ かすか こみち 雌雄めすおす 頬先ほおさき たっ 御像おすがた 彩色いろどり たち 御目おんめ