七宝の柱しっぽうのはしら
山吹つつじが盛だのに、その日の寒さは、俥の上で幾度も外套の袖をひしひしと引合せた。 夏草やつわものどもが、という芭蕉の碑が古塚の上に立って、そのうしろに藤原氏三代栄華の時、竜頭の船を泛べ、管絃の袖を飜 …
作品に特徴的な語句
通夜つや 浅葱あさぎ 背戸せど 羽目はめ 螺鈿らでん 樹蔭こかげ たちばな 花片はなびら 瑪瑙めのう 緑青ろくしょう こうし 可懐なつかし 透間すきま 山車だし 森々しんしん 本文ほんもん 一本ひともと 雨露あめつゆ 菩薩ぼさつ 鬼子母神きしぼじん 円髷まるまげ 群青ぐんじょう 四隅しぐう 小用こよう 好々爺こうこうや 払子ほっす 杜若かきつばた かつら 天蓋てんがい 牝牛めうし 串戯じょうだん 墨染すみぞめ えが 四阿あずまや 錫杖しゃくじょう 束髪そくはつ 木地きじ 煮染にしめ 端居はしい 駈出かけだ 薄紅うすあか 田舎家いなかや 処々ところどころ 粛々しゅくしゅく 近々ちかぢか 小家こいえ 渺々びょうびょう さけ 崖下がけさが 恋々れんれん 木彫きぼり 長刀なぎなた 石楠花しゃくなげ 経机きょうづくえ 下向げこう 朴歯ほおば 薄墨うすずみ いや 柔順すなお 御心みこころ 地境じざかい 衆生しゅじょう 高足駄たかあしだ 小姑こじゅうと 珠玉しゅぎょく 生茂おいしげ 観音かんおん 一粒いちりゅう 雌雄めすおす 一々いちいち 水田みずた 追払おっぱら 黒漆こくしつ えもの おい 蒼々あおあお 透見すきみ 雨落あまおち 車夫わかいしゅ 手折たお 一山いっさん 浮彫うきぼり 潺々せんせん 白露しらつゆ 判官ほうがん 中旬なかば 御目おんまな 溝川みぞがわ 迦陵頻伽かりょうびんが 出額おでこ 引合ひきあわ 碧瑠璃へきるり 谿河たにがわ ひらた 漆塗うるしぬり 管絃かんげん 見霽みはらし 彩色さいしき 散佚さんいつ 片岡かたおか