“蜀紅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しよくこう33.3%
しよくかう33.3%
しょくこう16.7%
しょっこう16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤地蜀紅なんど錦襴直垂へ、草摺いて、さつく/\とふが繰擴がつて、立昇る、遠近夕煙は、めて裾濃く。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ぎらせてゐたつばめ太夫といふ、若くて綺麗なのが蜀紅錦の肩衣で、いきなり天井から落ちて來て、あつしに噛り付いたとしたらどんなものです
蜀紅と言う、天蓋も広くかかって、真黒御髪宝釵の玉一つをもらない、御面影なること、御目ざしの美しさ、……申さんは恐多い。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お島はそう言いながら、後ろへ手を伸すと、針箱の中から贋物ながら蜀紅の錦で作った、守り袋を取出して、平次の前へ押しやりました。