“錦襴”の読み方と例文
読み方割合
きんらん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ホステスのスエスリング夫人は長い立派な緑色のお召物の上に錦襴裲襠を着て、それはそれは鮮やかな姿でお待ちしているところへ
お蝶夫人 (新字新仮名) / 三浦環(著)
太宗皇帝の水陸大会に、玄奘法師錦襴袈裟燦然と輝き、菩薩が雲に乗って天に昇ると、その雲がいつの間にか觔斗雲にかわって
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
蜷川の友人達には、陶器、磁器、貨幣、刀剣、カケモノ(絵)、錦襴の切、石器、屋根瓦等を、それぞれ蒐集している者がある。