『西遊記』の夢『さいゆうき』のゆめ
子供の頃読んだ本の中で、一番印象に残っているのは、『西遊記』である。 もう三十年も前の話であり、特に私たちの育った北陸の片田舎には、その頃は子供のための本などというものはなかった。 子供たちは、大人の読み古した講談本などを、親に叱られながら …
作品に特徴的な語句
はし 丘陵メサ うも じゃく かく 安西あんせい 檉柳タマリスク すご しゅ かろ かさな せん 北山ほくざん とう にく 懸絶けんぜつ ふる ほと かつ 渓間けいかん 渦巻うずまき ひそ ため 珠子しゅし こと かた れん 葱嶺そうれい だれ へだた きん えっ たぐ 一筋ひとすじ 丹炉たんろ 乃至ないし 乖離かいり 乾上ひあが たお 今昔こんじゃく 伽噺とぎばなし 何処どこ 傲来ごうらい わず 僻地へきち 元初げんしょ 八戒はっかい 其処そこ いた 劈頭へきとう 加賀かが 勿論もちろん にお 反故ほご おさ 古址こし たた しか フィート 哈密ハミ マイル 唯一ゆいいつ うそ くちばし 固唾かたず すわ ふさ 塩晶えんしょう 士族しぞく 変化へんげ 夕闇ゆうやみ 太宗たいそう 奔放ほんぽう あや 宋初そうしょ すん 小波さざなみ 山塊さんかい 山麓さんろく 岩屑いわくず けわ 崛起くっき あらし 干上ひあが 廃墟はいきょ 御飯ごはん たちま 惨憺さんたん 所以ゆえん こば 掛軸かけじく 揺曳ようえい 放恣ほうし