“八戒”の読み方と例文
読み方割合
はっかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昼餉ののち、師父が道ばたの松の樹の下でしばらくうておられる間、悟空八戒を近くの原っぱに連出して、変身の術の練習をさせていた。
ところが二年ほど前に思わぬところで、ひょっくり本物の八戒に出会ったのにはちょっと驚いた。それはしく本物の八戒と言ってよいものなのである。
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
「また悟空八戒かい?」
桜林 (新字新仮名) / 小山清(著)