桜林さくらばやし
私は浅草の新吉原で生れた。生家は廓のはずれの俗に水道尻という処に在った。大門から仲の町を一直線に水道尻に抜けて検査場(吉原病院)につきあたると、左がわに弁財天を祀った池のある公園がある。土地の人は花園と呼んでいるが、その公園の際に私の家は在 …
作品に特徴的な語句
かち 温習おんしゅう くわだて かく まとい なり くつ かむ 歿ぼつ いや とお ちな あた 大根おおね ことづ くら 鳶頭とびがしら とも かつ 介添かいぞ とも あごひげ ほおひげ くちひげ あに よご 馴染なじ 刺青いれずみ しか うま がん 破片はへん 吉原なか そその 損料そんりょう そこな 囃子ばやし 躊躇ためら 起臥おきふし 扮装ふんそう 妓夫ぎふ 角隠つのかくし はじめ じゃ 強飯こわ 言問こととい つぶ きゅう 為人ひととなり すす ねぎら 狸穴まみあな 獅子しし 瓢逸ひょういつ 甘茶あまちゃ 生揚なまあげ 界隈かいわい うと くせ 白粉おしろい しわ さかずき 盲縞めくらじま にら 知己ちき 硝子ガラス まつ 神楽かぐら まつ 禁厭まじない おさな 稚児ちご すく 竹馬ちくば はく 節廻ふしまわ こも から かすり ほころ 繃帯ほうたい つくろ まと かか 耄碌もうろく 聡明そうめい きも 脇差わきざし へそ うなず かばん 頭巾ずきん あん