“髯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひげ99.1%
ほおひげ0.5%
ぜん0.2%
びん0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう言うのは、五十に近かろうと思われる見る蔭もない男、涙と鼻水と一緒にかなぐり上げて、一生懸命さが無精の面に溢れます。
、まるで銀の針金を植えつけたようで、なんのことはない神霊矢口渡の頓兵衛を見るようであった。
桜林 (新字新仮名) / 小山清(著)
人よ、これを単に他愛もなき坐談の一節なりとて、軽々に看過するれ。尊とむべき教訓は、かの厳たる白堊校堂裡、鹿爪らしき八字の下よりのみ出づる者ならむや。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
しばらくして、浦子はぼやの洋燈の心をげて、くなったに、宝石輝く指のを、ちょっとに触ったが、あらためてまた掻上げる。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)