“びん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ビン
語句割合
46.7%
17.8%
17.4%
9.7%
便2.5%
1.3%
1.3%
0.6%
0.6%
0.3%
0.2%
0.2%
両鬢0.1%
0.1%
水瓶0.1%
0.1%
0.1%
襟止0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ずるにこれは、深海の魚が、盲目になったのと同じ事である。日本人の耳は昔から、油を塗ったの後に、ずっと姿を隠して来た。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ハイカラなレッテルなどられ、ちゃんとしたでしたが、内容が濁っているのです。ウイスキイのドブロクとでも言いましょうか。
美男子と煙草 (新字新仮名) / 太宰治(著)
机の上にはアルコホル漬けにした蜘蛛がいくつも並んでおり、その前の硝子器の中にも一匹大きなやつがじっと伏せられている。
青草 (新字新仮名) / 十一谷義三郎(著)
一枚戸を開きたる土間に、卓子椅子を置く。ビール、サイダアのを並べ、かぶり一樽焼酎見ゆ。この店のすぐに田圃
山吹 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ただ惜しいことに十二月七日とあるばかりで、年号が書き入れてないのだが、多分このは娘を大阪へ出してからの最初の便であろうと思われる。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
その上自分の心中のを去ることをんずる人程つて他人の意中のくになるものである。九郎右衛門は一しよにられたいと云ふ。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
無暗に豪傑振つて女を軽蔑したがるくせに高が売女の一一笑に喜憂して鼻の下を伸ばす先生方は、何方かといふと却て女の翫弄物だ子。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
此処の内儀が目の前にうかびたる形は、横巾ひろくつまりし顔に、目鼻だちはまづくもあるまじけれど、うすくして首筋くつきりとせず、胴よりは足の長い女とおぼゆると言ふ
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
遅速相去る、はなはだしきものは四、五倍を差う。ただ三のみならざるなり。一覧して遺すなきは、すなわちかつてこれあり。の林誌、雨を避けて染坊に寓す。
わたくしの夫は小商いをしている者で、五十を元手にして鴨や鵞鳥を買い込み、それを舟に積んで売りあるいて、帰って来るとその元手だけをわたくしに渡して
そういう生活に対して或レンが感じられる場合こちらの心持は楽でないところがある。家じゅうで今は私が一番年上なのですもの。いろいろこれまでと違う経験をして居ります。
その顔を上げた時、はらりと顔にこぼれかかる、の毛を、指に反らして払い
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夫人の頭髪は白金の様に白い。両鬢を大きく縮らせたまま別別に放して置いて、真中の毛を高く巻いてある。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
大寧に居らしめ、第十八子を封じて王となし、第十九子を封じて王となす、谷王というはるところ宣府上谷の地たるを以てなり、第二十子を封じて王となし、開源に居らしむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
船にりしころは日ようやく暮れて東の空には月いで、わが影淡く甲板に落ちたり。卓あり、粗末なる椅子二個を備え、主と客とをまてり、玻璃製の水瓶とコップとは雪白なる被布の上に置かる。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
脚絆に草鞋穿きといふ古風ないでたちで、筆や墨の入ったつづらを天棒で担いでやって来た。商売が上品な商売丈あってどこそこ品位の有る老人だった。
(新字旧仮名) / 金田千鶴(著)
贋金の果実をつけて得々たる南部地方の蜜柑の樹、お前は降誕祭の飾り樹に似ている。ただお前はそれよりも貧弱だ。あの枝の中には小さなリキュウルのがある。
何度見てもこの襟止はきれいだわ。本当にさんはよくなさるのねエ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
八「風吹つくで女の子に可愛がらりょうとアえや、この沢庵野郎」
何? ずっと向こうの銀ののようなの? そうそう、あれはやっぱり利根の流れだ。ああもう先はかすんで見えない。両眼鏡を持って来るところだったねエ、浪さん。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
先生は物やわらかな態度で、子路はごつごつした態度で、冉有と子貢とはしゃんとした態度で、先師のおそばにいた。先師はうれしそうにしていられたが、ふと顔をくもらせていわれた。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
しばらくして、浦子はぼやの洋燈の心をげて、くなったに、宝石輝く指のを、ちょっとに触ったが、あらためてまた掻上げる。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
内儀がじやらくらのたぼ胸わるやと、張仆して馳出けるもあり、旦那どのと口論のはては腕だての始末むづかしく、警察のお世話にも幾度とかや、又ぞろ此地も敵の中と自ら定めぬ
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
向うの角からまがってきた姿のりっぱな武士……のような柔和な眼、ぶくれの豊かな頬には、世の中と人間に対する深い理解と、経験のが刻まれ、にすこし白いものがまじって
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)