わか紫わかむらさき
みつぎもの裏関所丁か半か室咲日金颪神妙候 御曹子黒影白気梅柳 伊豆のヒガネ山は日金と書いて、三島峠、弦巻山、十国峠と峰を重ね、翠の雲は深からねど、冬は満山の枯尾花、虚空に立ったる猪見るよう、蓑毛を乱して聳えたり。 読本ならば氷鉄といおう、そ …
作品に特徴的な語句
かつぎ 此方こんた つかめ さば 扮装かたち おっか びん あわい 目的めじるし ひとり 一時ひときり ひっそ いそがし ひとや すずし さびし 退しさ くくり うぬ 俯伏つっぷ 技倆きりょう うつくし 打附ぶつ いい ふり くね 歩行あゆ 全然まるっきり やすら 金銭ぜにかね かたえ ちが つんざ 俯向あおむ せなか 突出つきい わっし そら じき いづ あかり 機会きっかけ あゆみ 土地さと 不可いけね 退すさ かぼ さん やまい まわり 以来こちら あや がか なかくぼ つぶ ひや おさま 活計なりわい ともし あやぶ 玻璃ビイドロ ふたつ おそれ ひとつ うも あんね なまめか かぶり よろし 不可いけない とおり 乳首ちッくび ちいさ とこ かえ 彫刻きざ 心懸こころがか 蔦蔓かずら 引出ひきで つくろい 懲々こりこり おどか すき あやつり つらな きれ とん がき おおき なす つま