“焼酎”のいろいろな読み方と例文
旧字:燒酎
読み方割合
しょうちゅう91.5%
せうちう6.1%
ピンガ1.2%
シウーハ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう言ううちにも平次は、手っ取り早くお静の傷口を洗って、用意の焼酎でしめした上、手拭を裂いてキリキリとえてやりました。
これがくと、大形裕衣つて、帯広解焼酎をちびり/\りながら、旅籠屋のふとつたげやうといふぢや。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
えっ、その水棲人とはどこにいるって⁈ まあまあ、かせずにブラジル焼酎でも飲んでだね、リオの秋の四月から聴きたまえ
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
彼が半樽の余も入りさうな大コップで焼酎を注文した時には、まるで目のくり玉がとびだしさうなほど、相手の顔を見つめたものぢやさうな。