“蝉時雨”の読み方と例文
読み方割合
せみしぐれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうち毘沙門の谷には、お移りになりまして二度目の青葉が濃くなって参ります。明けても暮れても谷の中はしい蝉時雨ばかり。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
落葉松の林中には蝉時雨が降り、道端には草藤、ほたるぶくろ、ぎぼし、がんぴなどが咲き乱れ、草苺やぐみに似た赤いものが実っている
浅間山麓より (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
鹿ヶ谷のふもとに来ると、そこは、夏木立と涼しい蝉時雨につつまれていたが、人の数は、すじの山路に、を立てる隙もないほどだった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)