“蝉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せみ95.8%
ぜみ4.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蝉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.6%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
枯れ木に花の咲いたような、百日紅さるすべりが一本、すぐ横手に立っている。そのこずえ高く、やにわにせみが鳴きだした。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そんなときせみでもたくさん来て鳴いてくれるといいのであろうが、このへんにはこの夏のオーケストラがいないで残念である。
備忘録 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
あぶらぜみ、みんみん蝉、日光山がジイ――ッと啼いているようだ。
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
他家よその世話女房をたしなめる程、子供に似げない才覚や生活の自衛を心得ているかと思うと、もうすぐ樹の肌に止っているミンミンぜみを見つけて、それに気をられていた。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)