“晩蝉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひぐらし50.0%
ばんせん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あまつ日は既にのぼりて向山晩蝉鳴けどここには鳴かず
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
山かげに今日も聞ければ晩蝉秋蟋蟀の寂しさに似つ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
を曲げて一睡をぼると思ふに、夕陽西山に傾むきたれば、晩蝉の声に別れてこの桃源を出で、元の山路にらで他の草径をたどり、我幻境にかへりけり、この時弦月漸く明らかに
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)