“晩秋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おそあき44.4%
ばんしゅう33.3%
ばんしう16.7%
あき5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晩秋の晴れた一日が、いつか黄昏れて、ほんのりと空を染めていた夕映も、だんだんにれて行く頃だ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
夕食後、いつものようにこの居間にこもって、見残した諸届け願書の類に眼を通し出してから、まださほどが移ったとも思われないのに、晩秋の夜は早くける。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
Kさんのその時分に、わがはしやぎし心は晩秋蔓草くから/\と空鳴りするといふやうながあつたやうにえてゐます。
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
呆然縁側に立って、遠くの方を見ると、晩秋の空は見上げるように高く、清浄に晴れ渡って、世間が静かで、やりと、自然に好い気持がして来る。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)