“夜長”の読み方と例文
読み方割合
よなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜長に、粉挽の一つもつてやつて御覽なさい。きな石臼夢中になつて、いくらいても草臥れるといふことをりません。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
そのためばかりとも言えないが、冬の夜長になると五、六人以上、じゅんまわりに朋輩の家にあつまってきて、いろいろ話などをしながらにぎやかに苧を績んだ。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
一、長閑日永は春季と定め、短夜は夏季と定め、朝寒夜寒坐寒漸寒肌寒夜長は秋季と定め、、つめたしは冬季と定む。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)