“長月”の読み方と例文
読み方割合
ながつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頃は長月中旬すぎ、入日の影は雲にのみ殘りて野も出も薄墨を流せしが如く、らざれば、星影さへもと稀なり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
長月ばになりぬ
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
長月鎮守
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)