“初嵐”の読み方と例文
読み方割合
はつあらし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暗夜から、吹通す。……初嵐……可懷も、いまは隅田川數萬叫喚である。……蝋燭がじり/\とまた滅入る。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
の葉のとがりし初嵐
自選 荷風百句 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ふくべ現れ出でぬ初嵐
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)