“添水”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうず50.0%
ソウヅ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
部屋へかえって、仰向けに倒れた耳に、添水そうずがカーンと聞こえました。杵の長い顔が笑うようです。渓流の上に月があって。——
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
崖づくりを急流で落ちます、大巌おおいわの向うの置石おきいしに、竹のといあやつって、添水そうず——僧都そうずを一つ掛けました。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それかと言つて、国学以前から伝習して来た、俳諧者流の添水ソウヅ説も、頗、恠しいものである。
稲むらの蔭にて (新字旧仮名) / 折口信夫(著)