“剪定”の読み方と例文
読み方割合
せんてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その古株から新しい花を咲かせるには、毎年、冬にかかるころ、虫のいた古株をって、新芽の育つように剪定してやる。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
言いかえれば作者の感情のままに自然は剪定されるのである。自然は自由に作者の前にひざまずく。これは決して形容ではない。客観写生の妙技である。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
紡錘形に剪定したアスナロを模様のようにところどころに植えこみ、その間に花壇と睡蓮の池がある。
あなたも私も (新字新仮名) / 久生十蘭(著)