“踏青”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とうせい66.7%
つみくさ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨日踏青とうせい小約未だまさもとらざるべし
阿英 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
踏青とうせいや古き石階あるばかり
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
むむ。それを言い忘れたが、なんでも春のなかばで、そこらの桃の花が真っ赤に咲いて、おいおい踏青つみくさが始まろうという頃だった。そうだ、シナ人の詩にあるじゃないか——孤憤何関児女事こふんなんぞかんせんじじょのこと踏青争上岳王墳とうせいあらそってのぼるがくおうのふん——丁度まあその頃で、場面は西湖、時候は春で月明の夜というのだから、美人と共に逍遥するにはおあつらえむきさ。
女侠伝 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)