“注連飾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しめかざり54.5%
しめかざ45.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三吉は南向の日あたりの好い場所をんで、裏白だの、譲葉だの、だのを取散して、粗末ながら注連飾の用意をしていた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
通町では暮の内から門並揃注連飾をした。往来の左右に何十本となく並んだ、軒より高いが、ことごとく寒い風に吹かれて、さらさらと鳴った。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それに女たちが五色の短冊をつけて、台に載せてき廻わり、最後に浜に持出して注連飾りと共に焼き、それからその火に身をめつつ
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
すでに年暮景色で、どこの門にも注連飾りや大きな門松が立っていたが、足利家にはそれがなかった。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)