“注連掛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しめかけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“注連掛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
物頭はまず峠の内の注連掛しめかけという場所を選び、一手限ひとてぎりにても防戦しうるようそこに防禦ぼうぎょ工事を施すことにした。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
注連掛しめかけへは大木を並べ、士居どいを築き、鉄砲を備え、人数を伏せることにした。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)