夜明け前よあけまえ02 第一部下02 だいいちぶげ
第八章「もう半蔵も王滝から帰りそうなものだぞ。」 吉左衛門は隠居の身ながら、忰半蔵の留守を心配して、いつものように朝茶をすますとすぐ馬籠本陣の裏二階を降りた。彼の習慣として、ちょっとそこいらを見回りに行くにも質素な平袴ぐらいは着けた。それに …
作品に特徴的な語句
きみ げん こご かな 便だよ 諧謔ふざけ しょ がか うわ なお こう 何方いずかた 歩行かち さが さみ じょ 自然おのずから 前々まえまえ はず いだ たもと はな みたま しも ただよ みずか かしら まとい ぱい ひつじ ごく こた 男女おとこおんな はか 威力いきおい っか まい おこな だま よろ 宮城みやしろ 異国あだしくに 譎詐けっさ あめ そうら まわ 放縦ほしいまま おっと うるお やっこ 幣帛ぬさ 温暖あたた どり 一重ひとかさ おぶ 茶漬ちゃづ なま 嫁娶よめとり 瓢箪ふくべ 商人あきうど がえん 橋詰はしづ いや つか 大人うし 定敬さだのり 屯所たむろしょ あて けん おのれ こく たも かえ 河口かわぐち ひも 虚偽いつわり あぜ 一振いっしん むかし おも つか おり 小樽こだる
題名が同じ作品
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名)島崎藤村 (著)
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名)島崎藤村 (著)
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名)島崎藤村 (著)