夜明け前よあけまえ02 第一部下02 だいいちぶげ
第八章「もう半蔵も王滝から帰りそうなものだぞ。」 吉左衛門は隠居の身ながら、忰半蔵の留守を心配して、いつものように朝茶をすますとすぐ馬籠本陣の裏二階を降りた。彼の習慣として、ちょっとそこいらを見回りに …
作品に特徴的な語句
信濃しなの 囃子はやし 気魄きはく 敵愾心てきがいしん 美濃みの 薩摩さつま 俳諧はいかい 越後えちご 諏訪すわ 采配さいはい 駿河するが 嫌疑けんぎ 御家人ごけにん 囲炉裏いろり 石垣いしがき 浅黄あさぎ 煙草盆たばこぼん 羽目はめ 立場たてば 藁草履わらぞうり 堪能かんのう 閻魔えんま 下野しもつけ 夕闇ゆうやみ 畢生ひっせい 伊勢いせ うし 御輿みこし 用達ようたし 短冊たんざく 足利あしかが 格子戸こうしど 氾濫はんらん 人足にんそく 秩父ちちぶ 斡旋あっせん 波瀾はらん 首途かどで 小倉こくら 薄縁うすべり やり 閑暇ひま 本郷ほんごう 吾妻橋あずまばし 峻厳しゅんげん すぎ 混淆こんこう 膏薬こうやく 内輪うちわ 臆測おくそく ぬか 四谷よつや 木挽こびき 標榜ひょうぼう 偏頗へんぱ 整頓せいとん 譴責けんせき つぐみ 牢屋ろうや 訊問じんもん 御幣ごへい 筑波つくば 苗字みょうじ 近衛このえ 追分おいわけ 飢饉ききん 不逞ふてい 回向院えこういん 谷間たにあい 熨斗のし 禰宜ねぎ 黄昏時たそがれどき 縁起えんぎ 嫡子ちゃくし 山麓やまもと 肩衣かたぎぬ 越前えちぜん とら 御仁ごじん 未曾有みぞう 牛蒡ごぼう 叡山えいざん 堅気かたぎ 不如意ふにょい 嶮岨けんそ 鳶口とびぐち 仰天ぎょうてん かけはし 人参にんじん 御挨拶ごあいさつ がき くす 砂利じゃり 討死うちじに 参籠さんろう 書翰しょかん 伯耆ほうき 隅田川すみだがわ 冤罪えんざい
題名が同じ作品
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名)島崎藤村 (著)
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名)島崎藤村 (著)
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名)島崎藤村 (著)