夜明け前よあけまえ04 第二部下04 だいにぶげ
第八章母刀自の枕屏風に いやしきもたかきもなべて夢の世をうら安くこそ過ぐべかりけれ 花紅葉あはれと見つつはるあきを心のどけくたちかさねませ おやのよもわがよも老をさそへども待たるるものは春にぞありける 新しく造った小屏風がある。娘お粂がいる …
作品に特徴的な語句
ちょく 成長ひとなり 瀟洒こざっぱり ぎょ ひも さか よし しろ たご こう いつき のぶ 面貌かおつき つちくれ 後生ごせ 四十よそじ 河原がわら かお 洋傘ようがさ 由緒ゆいしよ しょう ゆるや かが よろ こころ どし 白粉しろいもの 自然おのずから おさま くや 流行ばやり たもと 御供みとも しん 明朝みんちょう すがた ひろ がね 和魂にぎみたま 看過みす 振舞ぶるまい じるし っか つた 皇国すめらみくに まっと 背負おぶ あれ よう 大平おおひら ぎょ ひんがし くす よそ 点火あかり 諷経ふうぎん 御陵みはか 現世げんせ 御詫おんわ こた 事物ものごと かたづ 髣髴ほのか かた どり はじ かたくな 益田ましだ ちな みこと 種々さまざま かご はい むかし 冬青そよぎ あぶ 堆高うずだか 河底かわぞこ おも 皇神すめらみかみ 款待もてなし
題名が同じ作品
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名)島崎藤村 (著)
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名)島崎藤村 (著)
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名)島崎藤村 (著)