夜明け前よあけまえ04 第二部下04 だいにぶげ
第八章母刀自の枕屏風に いやしきもたかきもなべて夢の世をうら安くこそ過ぐべかりけれ 花紅葉あはれと見つつはるあきを心のどけくたちかさねませ おやのよもわがよも老をさそへども待たるるものは春にぞありける …
作品に特徴的な語句
鉄瓶てつびん あゆ 御機嫌ごきげん 手桶ておけ 薩摩さつま 深傷ふかで 牡蠣かき 美濃みの 俳諧はいかい 香具師やし 燭台しょくだい 稲妻いなずま 面長おもなが たが 諏訪すわ 越後えちご ます 石垣いしがき ひえ 囲炉裏いろり 煙草盆たばこぼん 祇園ぎおん 石燈籠いしどうろう 錦絵にしきえ 唐桟とうざん 伊勢いせ 物憂ものう 短冊たんざく きぬた 足利あしかが ちん 袖口そでぐち 庫裏くり 音沙汰おとさた 香港ホンコン 後家ごけ 斡旋あっせん なつめ 波瀾はらん やり 本郷ほんごう 混沌こんとん 反物たんもの すぎ 混淆こんこう 檀家だんか 白木しらき つぐみ ろく 訊問じんもん 唐草からくさ 飢饉ききん 偏頗へんぱ 半襟はんえり 勃興ぼっこう 筑波つくば 洗濯せんたく 生娘きむすめ 苗字みょうじ 近衛このえ 追分おいわけ 見栄みえ 谷間たにあい 無沙汰ぶさた 軽業かるわざ らち とら 山麓さんろく 禰宜ねぎ 秘訣ひけつ ござ 越前えちぜん 頑是がんぜ 海苔のり 丹精たんせい 未曾有みぞう なし 牛蒡ごぼう 清楚せいそ 一足ひとあし 天秤棒てんびんぼう 嶮岨けんそ 思惑おもわく かけはし 砂利じゃり 草双紙くさぞうし 鳶口とびぐち かき 蕭条しょうじょう 晩酌ばんしゃく 書翰しょかん 討死うちじ 音頭おんど 逆立さかだ 定紋じょうもん 年寄としより 隅田川すみだがわ 元和げんな まんじ
題名が同じ作品
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名)島崎藤村 (著)
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名)島崎藤村 (著)
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名)島崎藤村 (著)