“諷経”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふぎん50.0%
ふうきん25.0%
ふうぎん25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“諷経”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
午前午後の作務、日中諷経ふぎん、念経、夜座やざも、日常の生活になってしまった。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
代々だい/″\清僧せいそうが住職に成つて、丁度禅寺ぜんでらなにかのやう瀟洒さつぱりした大寺たいじで、加之おまけに檀家の無いのが諷経ふぎんや葬式のわづらひが無くて気らくであつた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
諷経ふうきん散華さんげなどの式のあと、さらに禅門各大和尚たちの、起龕きがん念誦ねんじゅ奠湯てんとう奠茶てんちゃ拾骨しゅうこつ
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十刹じつせつの僧ども経を捧げ諷経ふうきんをなせり。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
毎朝早くの洗面さえもが、この人には道を修めることで、法鼓ほうこ諷経ふうぎん等の朝課の勤めも、払暁ふつぎょうに自ら鐘楼に上って大鐘をつき鳴らすことも、その日その日をみたして行こうとする修道の心からであった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)