“夜座”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やざ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜座”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
午前午後の作務、日中諷経ふぎん、念経、夜座やざも、日常の生活になってしまった。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
薪作務があったために、その夜は「夜座やざ各景」の触れがあった。それは夜の禅座の休止を意味していた。が、惟念には、その夜は大事の一夜であったから、自分一人単前に打座した。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)