“夜寒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よさむ96.7%
よざむ3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついてしがある。(どのの夜寒ひゆくかな)で、水上さんも、も、場所はちがふが、兩方とも交代夜番のせこにてゐる。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ゆうべ一しょに泊る小金奉行が病気をしたので、寂しい夜寒を一人でいだのである。には骨の太い、がっしりした行燈がある。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
灣口づるまで、春枝夫人日出雄少年とを相手甲板上んで、四方景色めてつたが、其内にネープルス燈光かになり、夜寒むやうにえたので
夜寒の夜具にちぢこまる時
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)