“三伏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんぷく78.6%
みつぶせ14.3%
さんふく7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盛夏三伏の頃ともなれば、影沈む緑のに、月の越すばかりなり。冬至の第一日に至りて、はたとむ、あたかもを断つごとし。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
箭箆または箭簳ともいう竹のつくり方にはいろいろ作法がある、十二、あるいは十三束三伏などといって、ひと握りをとよんで長さをきめる、そしてには節が三つあるのがきまりで
日本婦道記:箭竹 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
○そも/\我郷雪中の洪水、大かたは初冬と仲春とにあり。といふは左右人家一道づゝのあり、魚野川へ落る、三伏にもく事なき清流水也。