“蝿帳”の読み方と例文
読み方割合
はえちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蝿帳でふさがれたその軒窓の前には、よごれた白壁がつっ立っている。喜びといっては、ソースがいいとか炙肉がよく焼けてるなどと、事もなげに言われる時だけである。