“夜釣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よづり71.4%
よつり28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あの晩の夜釣に限つて、船頭を歸してしまひ、一人でぎ出して行つたとか、誰にも逢はなかつたとか、まことにたよりない話で」
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
御厩河岸を越して彼方わる大川橋の橋間からは、遠い水上に散乱する夜釣の船の篝火さえ数えられるほどになると
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
虎列拉流行り出した為め大阪名物の一つ、築港の夜釣が出来なくなつたのは、釣好きにとつて近頃の恐慌である。
「いえ、今晩三人揃つて、商賣を休んで夜釣に行くことまで聽いて來ましたよ」