“菖蒲湯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうぶゆ75.0%
あやめのゆ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
離れて極めて自然な感じがするじゃないか。菖蒲湯に這入って粽を食った時は、僕はいつでも此日本と云う国が嬉しくてらなくなるな
浜菊 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
柚湯、菖蒲湯、なんとなく江戸らしいような気分を誘い出すもので、わたしは「本日ゆず湯」のビラをなつかしく眺めながら、湯屋の新しい硝子戸をくぐった。
風呂を買うまで (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
が、をすらすらと、すぐに修善寺へついて、菖蒲湯かれるやうな、しいのではない。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)