“鴫焼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しぎやき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鴫焼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「オホホ、いやですネエ、お戯謔ふざけなすっては。今鴫焼しぎやきこしらえてあげます。」
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
料理は鮪の刺身、照焼の魚、鴫焼しぎやき茄子なす、ひややつこ、薩摩汁などにさふらひき。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)