“鴫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しぎ93.8%
シギ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しげならしてつた。も、——此處もののさへつたのは、車夫言葉記憶である。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
大草原でも撃って、保養してこようではないかと二人で話し合って、御覧のごとく、猟装で銃なぞを携えてまいった次第であります。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
」「我妹」「」「」「陽火」「漕ぎ」「ぎ」「継ぎ」「仰ぎ」などの「ぎ」には(甲)類に属する文字を用い
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
人里遠い山沢で、身に近くのみ立つてはまた立つ。此ばかりが聞える音なる、夕ぐれの水際に来てゐる自分だ。まだ純粋な内界の事実とはならない外的情趣。