“陽火”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やうくわ50.0%
ほんのひ25.0%
カギロヒ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此地火一に陰火といふ。かの如法寺村の陰火も微風いづるに発燭の火をかざせば風気じてる、陽火ざればず。
火脉気息人間日用陽火ればもえてをなす、これを陰火といひ寒火といふ。寒火をざるは、火脉の気いまだ陽火をうけて火とならざる気息ばかりなるゆゑ也。
」「我妹」「」「」「陽火」「漕ぎ」「ぎ」「継ぎ」「仰ぎ」などの「ぎ」には(甲)類に属する文字を用い
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)