“陽暦”の読み方と例文
読み方割合
ようれき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて陽暦の三月四日、即ちチベットの正月二十四日にトーキャ(投秘剣会)を行いますのでそれを見物に参りました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
来月のさを見越して、村でも此月ばかりは陽暦で行く。大麦も小麦も見渡す限り穂になって、の畑は夜の白々と明ける様に、総々とした白い穂波わす。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
即ち陽暦の八月末九月初頃に行うので、もっともその時が非常に都合が好い、麦は皆刈取られていずこへ走ったところが麦作を害するということはないからです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)