“やうくわ”の漢字の書き方と例文
語句割合
楊花100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかもあの四十雀しじふからは、その間さへ何羽となく、さながら楊花やうくわの飛びちるやうに、絶えず「きりしとほろ」の頭をめぐつて、嬉しげにさへづかはいたと申す。
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
PR