きりしとほろ上人伝きりしとほろしょうにんでん
小序 これは予が嘗て三田文学誌上に掲載した「奉教人の死」と同じく、予が所蔵の切支丹版「れげんだ・おうれあ」の一章に、多少の潤色を加へたものである。但し「奉教人の死」は本邦西教徒の逸事であつたが、「きりしとほろ上人伝」は古来洽く欧洲天主教国に …
作品に特徴的な語句
かぐは なや ころも をのの かうべ しづく した いらだ あらは 無礼むらい 微笑ほほゑ はつ ゑひ かたじけな おのづか きよく とぼそ 天使あんぢよ うるは かは 障碍しやうげ かん いだ 決定けつぢやう けし 嫋々たよたよ とば 今昔いまむかし おとがひ いかづち 道理ことわり うづくま ことば くれなゐ かへ 悪魔ぢやぼ 御経おんきやう 彼是ひし さいはひ たへ 一時ひととき なり 飄々へうへう あらは 長刀なががたな よろひ おこ せな 群集ぐんじゆ 竜馬りゆうめ 男女なんによ 猿臂ゑんぴ みぎは 業畜ごふちく ひつさ たなごころ かか そよ 御覧ごらう 御意みこころ のば 川面かはづら 尾鰭おびれ にはか 一定いちぢやう 住居すまひ あめ こら あへ 所詮しよせん うめ なげう よば 向後かうご 遠近をちこち はるか ななめ あか あだ こずゑ 読誦どくじゆ 検校けんげう 楫取かんどり 叱陀しつた 檜山ひやま 全豹ぜんぺう うちかけ 水嵩みづかさ 水瓶みづがめ 蘭麝らんじや おほ 十棹とさを 相俟あひま 白衣びやくえ 異形いぎやう げん 田舎ゐなか いまし