“顋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あご89.1%
あぎと5.5%
おとがい2.7%
おとがひ1.8%
えら0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浦原嬢は強いて此の怪美人の傍へ来るは見識に障ると思ったかで松谷嬢を指して「本統に貴女は化けるのがお上手です」と叫んだ
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
大蛇いたような、真紅な土の空洞の中に、づほらとした黒いが見えたのを、の先で掻出して見ると——で。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼女の頭に映っていたかつての彼の男々しく美しかったあの顔は、今は拡まったみの底に眼を沈ませ、は突起したって縮まり、そうして
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
されば竹に舌切雀、月に住む手柄れかざらむ、力をも入れずしてのかけがねをさせ、高き華魁の顔をやはらぐるもなり。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
保護色のような薄絹の手袋。暗褐色に赤に横縞のあるアンクル・サックス。色眼鏡。魚ののように赤いガーター。
新種族ノラ (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)