日輪にちりん
序章 乙女たちの一団は水甕を頭に載せて、小丘の中腹にある泉の傍から、唄いながら合歓木の林の中に隠れて行った。後の泉を包んだ岩の上には、まだ凋れぬ太藺の花が、水甕の破片とともに踏みにじられて残っていた。 …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ いそ 羊歯しだ 従容しょうよう 夕闇ゆうやみ 銅鑼どら なまず 喊声かんせい たちばな 裳裾もすそ 瑪瑙めのう 藍色あいいろ 沙魚はぜ 凌駕りょうが 驀進ばくしん 閃光せんこう 遁走とんそう 片頬かたほお 土器かわらけ 猥褻わいせつ はぜ むぐら 鳥籠とりかご 隅々すみずみ 紫苑しおん 昏倒こんとう 有明ありあけ はやぶさ いちい 片肱かたひじ 鶏頭とさか 琅玕ろうかん にら 薄紅うすくれない 淫蕩いんとう すね 蘚苔こけ きさき 瞠若どうじゃく 竜胆りんどう くす 蒼然そうぜん 鼾声かんせい 乙女おとめ はじ 藤蔓ふじかずら 乳房ちぶさ 棚曳たなび かや 斥候せっこう 日輪にちりん はえ 弓弦ゆづる 新羅しらぎ 逆様さかさま 鉾先ほこさき 駿馬しゅんめ 真砂まさご ほこ その 牡牛おうし 赤銅しゃくどう 水甕みずがめ 宿禰すくね らん 山椒さんしょう 騒擾そうじょう 松脂まつやに 饗宴きょうえん かいこ きさき 一疋いっぴき 下僕しもべ 勾玉まがたま 掠奪りゃくだつ 玉鬘たまかずら 蜒々えんえん にじ 追手おって 尾花おばな かじか たまき 鞭打むちう はら 跪拝ひざまず 嫣然えんぜん 鯨波とき あずさ 上顎うわあご 火口ほぐち 牝鹿めじか 矢継早やつぎば つまず 叫喚きょうかん 眼窩がんか 戦々兢々せんせんきょうきょう 一睨いちげい 眼醒めざ 縹緲ひょうびょう