日輪にちりん
乙女たちの一団は水甕を頭に載せて、小丘の中腹にある泉の傍から、唄いながら合歓木の林の中に隠れて行った。後の泉を包んだ岩の上には、まだ凋れぬ太藺の花が、水甕の破片とともに踏みにじられて残っていた。そうして西に傾きかかった太陽は、この小丘の裾遠 …
作品に特徴的な語句
かん めと とどま うるわ ゆが とど 男子おのこ うし かが 高座たかざ 藤蔓ふじかずら よろし 酒盞うくは 大夫たいぶ おろ 退しりぞ 先達せんだち たたかい あや 小丘こやま 酒甕みわ つらな つま たまき 大夫だいぶ どま まつわ ささやき 淡紅うすくれない はず あた あわ にじ やわらか くら ほがらか おのれ しずま 大兄おおえ はず とお のば うしろ 蹌踉よろ たましい ゆら おお 最早もは おとがい しゅ すずな とど まばら むらが 荒甲あらこ 兵士つわもの 火口ほぐち くれない こら ただ 笹葉ささば きれ はじ しま ひそ さから はる たび てら はたぼこ はま もい さき ことごと 田鶴たず 酒楽さかほがい にわか きん 玉簾たますだれ 片頬かたほお 忍冬すいかずら