“高座”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうざ73.9%
いた4.3%
かうざ4.3%
かみざ4.3%
たかくら4.3%
たかざ4.3%
タカクラ4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高座こうざ右側みぎわきには帳場格子ちょうばごうしのような仕切しきりを二方に立て廻して、その中に定連じょうれんの席が設けてあった。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
が、この時あたりの乗客どもがすべて聴き耳を立ててきたので、彼は今手が明いて引き上げてきた高座こうざのうえの気分をまた自分の心に引きだしていた。
猫八 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
寄席よせ高座こうざにのぼる江戸風軽口の話口はなしくちをきくと、大概みんな自分の顔の棚下たなおろしや、出来そくなった生れつきのこきおろしをやる。
新作嫌いのこの男が、最近「寄席」「圓朝」と二つも私の長篇小説を自由に脚色し、構成して、高座いたにかけ、内的にも奏効していることを思えば——。
随筆 寄席囃子 (新字新仮名) / 正岡容(著)
そのあたまのうちで、高座かうざちかまへはうは、烟草たばこけむりかすんでゐるやうにぼんやりえた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
かれ高座かうざはう正視せいしして、熱心ねつしん淨瑠璃じやうるりかうとつとめた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
請ふ告げよ、サンジョヴァンニの羊のをりはその頃いかばかり大いなりしや、またその内にて高座かみざに就くにふさはしき民は誰なりしや。 二五—二七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
が世ふさへる高座たかくら
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
長羅の馬は突き立った。そうして、反絵の馬を横に流すと、円を描いてかつがれた高座たかざの上の卑弥呼の方へ突進した。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
たゞ、最後に、言ひ添へるならば、高御座は、天上に於ける天神の座と等しいもので、そこに神自体カムナガラと信ぜられた大倭根子天皇の起つて、天神の詔旨をみこともたせ給ふ時、天上・天下の区別が取り除かれて、真のアメ高座タカクラとなるものと信ぜられてゐたのである。
高御座 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)