“高座”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうざ73.9%
いた4.3%
かうざ4.3%
かみざ4.3%
たかくら4.3%
たかざ4.3%
タカクラ4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“高座”を含む作品のジャンル比率
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗5.9%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌2.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二人はしばらく待たされたのち、やっと高座こうざには遠い所へ、窮屈きゅうくつな腰をおろす事が出来た。
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
八畳の広間には、まんなかに浪花節を語る高座こうざができていて、そこにも紙やぬののビラがヒラヒラなびいた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
新作嫌いのこの男が、最近「寄席」「圓朝」と二つも私の長篇小説を自由に脚色し、構成して、高座いたにかけ、内的にも奏効していることを思えば——。
随筆 寄席囃子 (新字新仮名) / 正岡容(著)
かれ高座かうざはう正視せいしして、熱心ねつしん淨瑠璃じやうるりかうとつとめた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
そのあたまのうちで、高座かうざちかまへはうは、烟草たばこけむりかすんでゐるやうにぼんやりえた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
請ふ告げよ、サンジョヴァンニの羊のをりはその頃いかばかり大いなりしや、またその内にて高座かみざに就くにふさはしき民は誰なりしや。 二五—二七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
が世ふさへる高座たかくら
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
長羅の馬は突き立った。そうして、反絵の馬を横に流すと、円を描いてかつがれた高座たかざの上の卑弥呼の方へ突進した。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
たゞ、最後に、言ひ添へるならば、高御座は、天上に於ける天神の座と等しいもので、そこに神自体カムナガラと信ぜられた大倭根子天皇の起つて、天神の詔旨をみこともたせ給ふ時、天上・天下の区別が取り除かれて、真のアメ高座タカクラとなるものと信ぜられてゐたのである。
高御座 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)