随筆 寄席囃子ずいひつ よせばやし
寄席囃子 当代志ん生の味 当代の噺家の中では、私は文楽と志ん生とを躊躇なく最高位におきたい。文楽は菊五郎、志ん生は吉右衛門、まさしくそういえると思う。ただし、芸質の融通無礙なところでは志ん生の方が菊五郎らしく、双方の芸を色彩にたとえていえば …
作品に特徴的な語句
えにし おろそ まどか 高座いた 地口じぐ 喇叭ラッパ 目先まなさき いくさ えん 茄子なすび ばち 小勝わたくし 記憶おぼ 素見ひやか 千住こつ 火屋ひや なま くる つげ くだ 口吻こうふん 箪笥たんす 竜胆りんどう みぎり 畸人きじん 真鍮しんちゅう 耳癈みみし 瓦斯ガス 百千ももち 肥料こやし 無礙むげ てら もち 鴛鴦おしどり からす 鯉丈りじょう めし 願人がんにん 陋巷ろうこう たくま 辮髪べんぱつ 自棄やけ 躊躇ちゅうちょ かかと 贔屓ひいき うた 諧謔かいぎゃく 業平なりひら 蝋燭ろうそく 茅屋ぼうおく 苦患くげん しゃべ 布袋ほてい 巧緻こうち じょう 宿痾しゅくあ うば 声色こわいろ 地口じぐち 圓喬えんきょう さえず 噺家はなしか 平常ふだん 可笑おか ぼく 千々ちぢ 加餐かさん すご 値段ねだん 俳優やくしゃ ほの 上総かずさ 暗澹あんたん あさ 清元きよもと うか 殷鑑いんかん 一齣ひとこま 柿紅しこう なにがし 村雨むらさめ 朔日ついたち 時花はやり 旅籠はたご 数多あまた ふる 所以ゆえん 懐中ふところ うら 御覧ごろう