“殷鑑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いんかん90.9%
ゐんかん9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と笑うて、技師はこれを機会に、殷鑑遠からず、と少しくんで、浮足の靴ポカポカ、ばらばらと乱れた露店の暗い方を。……
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
父母しても、いまさなくても、幼き身で無断に遠く遊んで悪いことは、昨今の自分の身がかえって殷鑑だと思いました。
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
結局麻雀界から抹殺されるにつたなどは殷鑑からざるものとして、その心根れさ、へてにさへならない。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)