“殷賑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いんしん93.3%
にぎはひ2.2%
にぎわい2.2%
はんじょう2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本一の都、殷賑を極めた江戸の大町人達が、手もとに集まつて來る黄金を、何處に隱して置いたか、考へて見てもわかることです。
彼はへればて知らず、町の殷賑りて、何方を指して行かんとも心定らずく立てるなりけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それも日本橋寄から仲通へ掛けた殷賑で、西河岸橋を境にしてこなたの川筋は、同じ広重の名所でも、朝晴の富士と宵の雨ほど彩色が変って寂しい。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
誠に目を驚かすばかりの殷賑、昼は犬を連れて氷河のそばで five o'clock tea、ホテルの給仕小蒲団を持たせてブウシエの森でお仮睡