日本橋にほんばし
篠蟹檜木笠銀貨入手に手露地の細路柳に銀の舞扇 河童御殿栄螺と蛤おなじく妻横槊賦詩羆の筒袖 縁日がえりサの字千鳥梅ヶ枝の手水鉢口紅一重桜 伐木丁々空蝉彩ある雲鴛鴦生理学教室美挙怨霊比羅 一口か一挺か艸冠 …
作品に特徴的な語句
緻密ちみつ 凄味すごみ 采配さいはい 溝板どぶいた 煙草盆たばこぼん 鬱憤うっぷん 反身そりみ 天秤てんびん 従容しょうよう 錦絵にしきえ 旁々かたがた えくぼ 布子ぬのこ 揉手もみで 衣物きもの 嘆息ためいき 耳許みみもと 枝折戸しおりど 掻巻かいまき 浪花節なにわぶし 見窄みすぼ 緋縮緬ひぢりめん 訊問じんもん 胡乱うろ 麦藁むぎわら くら 大胡坐おおあぐら 蹴出けだ 不忍しのばず 海苔のり 佩剣はいけん 可懐なつか 彗星ほうきぼし まつげ 象嵌ぞうがん 不躾ぶしつけ 五位鷺ごいさぎ 栄螺さざえ 目深まぶか 駒下駄こまげた 大尽だいじん 島田髷しまだ みどり 衣摺きぬずれ にしん 気振けぶり 紅蓮ぐれん 蕭条しょうじょう 三和土たたき 花簪はなかんざし 詮方しかた 貴郎あなた 腕車わんしゃ 一棟ひとむね 一歩ひとあし 朧夜おぼろよ 空蝉ぬけがら 顫動せんどう 一本ひともと 名告なのり 夥間なかま 悔悟かいご 磨硝子すりがらす みまわ 菩薩ぼさつ 人品ひとがら 円髷まるまげ 抑々そもそも 片頬かたほ ばつ 骨董屋こっとうや 切尖きっさき 妙齢としごろ 真平まっぴら 符牒ふちょう 山姥やまうば 花活はないけ 面当つらあて 串戯じょうだん 莞爾々々にこにこ てすり 翌年あくるとし 蛞蝓なめくじ 朧月おぼろづき 草鞋穿わらじばき かわ 艶麗あでやか 遠退とおの 二個ふたつ 二歳ふたつ 握拳にぎりこぶし 風説うわさ 流眄ながしめ 後毛おくれげ 鷲掴わしづか 内端うちわ 隣室となり 真先まっさき
題名が同じ作品
日本橋 (新字旧仮名)牧野信一 (著)