“結局”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つまり33.3%
けっきょく26.7%
けつきよく9.3%
おち6.7%
あげく4.0%
とどのつまり2.7%
けっく2.7%
とど1.3%
おさまり1.3%
おしまひ1.3%
けつく1.3%
けッく1.3%
しまつ1.3%
つもり1.3%
つゞま1.3%
とう/\1.3%
まとまり1.3%
まとめ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
結局自分の感じたおもしろ味を、文字でなく、物の形にして、それを即興的に現わしたもので、当座の興でありましたが
かたがたとしてはとさしえてから見守ってにとどめました。結局そうしたがあなたのめになったのです……。
結局麻雀界から抹殺されるにつたなどは殷鑑からざるものとして、その心根れさ、へてにさへならない。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
みのる自身が傍から眺めてゐる樣な心の態度で自分の身體を男の前に投げ出して了ふのが結局だつた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
他へやるには数多金をつけてやらなくてはいけないから、だれか金の入らない者はないかと考えた結局、時どきの家へ呼んで仕事をさしている伊右衛門が
四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
でまず、最初の一つから、硝子粉浸剤硫黄単寧水銀溶和剤黄斑粉紅殻樹脂——と読んでいって結局その頭文字を連ねるのです。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そんならぬ打消すと、結局夢中にそんな所も過ぎるので、これによいことだと自分は思う。
死神 (新字新仮名) / 岡崎雪声(著)
結局の詰まり、さっきはこちらから紙と鉛筆とを持ち出したが、今度は向うから紙とペンとを持ち出してきた。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
此方は先刻より原丹治が刀の柄を握りつめ、裏と表の目釘をして今や遅しと待設けて居る所へ、通り掛りまするという、此の結局は何う相成りますか、この次までお預りに致しましょう。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
乳母 あゝ、もし! これさ、もし! はて、ぬればもかも結局ぢゃがな。
結局あれほどやがるものをなとのつかぬでもなけれど、如何かして天晴れの淑女にてヽたく、自惚れのはんが今日までやがられにしなり
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
冷遇て冷遇て冷遇抜いている客がすぐ前のッても、他の花魁に見立て替えをされても、冷遇ていれば結局喜ぶべきであるのに、外聞の意地ばかりでなく、真心修羅すのは遊女の常情である。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
ロミオ けふの惡運此儘ではむまい。これは不幸手始、つゞく不幸結局をせねばならぬ。
「さあ、さっぱりとお心持よく此盃って、そしてお結局になすったがようございましょう。」
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
主人公の結局る所がないと云ふ、「武士の浪人ありける。」から「八十までの長寿を保ちしとなん。」と云ふ所まで書いてないから分らないと云ふが、なるほど幼稚な目には
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
『もうせ/\、れるぞ/\。』と虎髯大尉二人周圍をぐる/\つて、結局引分になつた。
思ひ疲れるばかりで、結局は着かなかつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
するとそいつめいよいよ腹あ立てやがッて、汚らわしいの、やれ告発するのなんのぬかしやがるさ。やっと結局をつけはつけたが、大骨折らしアがッたね。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)