“とど”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トド
語句割合
44.7%
24.9%
8.8%
4.8%
4.7%
4.2%
2.2%
2.0%
0.4%
0.4%
宿0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.1%
結局0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからこの一致はひとり一時代の水平的関係だけにまらず、古くあった地名も今ある地名も人の名前ほどには時代の変化がない。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
その後も郷里へ帰省するたびに、時間の許すかぎりは方々を旅行したので、九州の主なる土地には靴の跡をめているというわけです。
怪獣 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
されど近年かくの如きものを見ること稀なれば淺草觀音堂のむかしなど思出でゝ杖をむること暫くなり。歸宅後一睡。寤めて後小説執筆。
荷風戦後日歴 第一 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
「どうか、この荷物無事先方けてくれ。そうすればりにころもちをってやるぞ。」と、は、にいったのであります。
ある男と牛の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
彼はこのままむなしくらないと決心して、病いと称してここに軍をめ、毎日四方を駈けめぐって険阻の奥まで探り明かした。
女がそう云ってとうとするので、哲郎は絡んでいた指を解いた。と、女は起って棚のろなボール箱に手をやろうとしたがかなかった。
青い紐 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
かばかり堅固なるの内よりそもいかにして脱け出でけん、なお人形のより声をして無法なる婚姻をめしも、なるか。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夜陰にく車ありて、一散にりけるが、焼場りて、下立ちし人は、ちに鰐淵が跡の前に尋ね行きてめたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
物質から来る連想の例では「居風呂の屋根」「」「赤い小宮」と三つ続くようなのがある。
連句雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
良し、姫よ。我は奴国宿禰の子。我の父は長羅のために殺された。爾を奪う兵士を奴国の宮にめて殺された。長羅は我の敵である。もし爾が不弥の国になかりせば、我の父は我とともに今宵を
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
太空は一片の雲も宿めないが黒味わたッて、廿四日の月は未だらず、霊あるが如き星のきらめきは、仰げば身もるほどである。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
向うから来た釜形った帽子をずいて古ぼけた外套猫背に着たさんがそこへ歩みをめて演説者を見る。演説者はぴたりと演説をやめてつかつかとこの村夫子のたたずめる前に出て来る。
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その笛の音いろのかんところには
忘春詩集:02 忘春詩集 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
鉄をい、めてもめてもってぜず、「よう、頼むよ。後生だから。」と心弱き美人は声曇らすに、お丹ようやく手をべ、と座に直りて煙管を杖、片手に煙草を引寄せたり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
太祖の崩ぜるは五月なり、諸王の入京められてばずして帰れるの後、六月に至って戸部侍郎卓敬というもの、密疏る。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
の如き事もありしなれば、太祖みずから崩後の動揺を防ぎ、暗中の飛躍をめて、に厳しく皇太孫允炆しく大位に登るべしとは詔をされたるなるべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
結局の詰まり、さっきはこちらから紙と鉛筆とを持ち出したが、今度は向うから紙とペンとを持ち出してきた。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
どうすればいいんだい? こうしたらどうだろう! と小田原評議よろしくあった結局のつまりが、用心しながら中の物をあまり揺り動かさぬように、そろそろとじ開けてみたが一番いいだろう
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
これ此樣うつくしいてあるに、くてにはれぬ、さんはければおきましよ、後生つてされと一むれのにては年長なるをつけてめば
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
『人死亡る時に、若くはきて自らひ、或は絞きて殉はしめ、及びちにし人の馬を殉へるが如き旧俗は、皆悉くめよ』
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
と上人が下したまうの一声のお言葉に群雀の鳴りをめて、振り上げしすになく、禅僧の問答にありやありやと云いかけしまま一喝されて腰のけたるごとき風情なるもあり
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
トいいさして文三は顔に手をてて黙ッてしまう。めてく見れば、壁に写ッた影法師が、慄然とばかり震えている。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
そはもこの店先にある日用諸雑記の帳なるか、もしそれならばわれ覚えたり、いざいざ書いて得させんとて、新しき帳を開き、ことごとく写しめて与えにければ、主の男はかつ感じかつ歓びけり
その日は一日さうして孤島にまつて私は又しても退屈さうに湖上を遠く眺めて早く夜が明けて明日になることを思つた。
湖光島影:琵琶湖めぐり (旧字旧仮名) / 近松秋江(著)
袁紹の追討令で、追手の軍に追われたり、諸城の太守にめられたり、さんざんな憂き目に遭ったが、ついに黄河のほとりまで逃げのびて、一を拾い、からくも江東へ逃げ渡った。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
力有るもか得てめむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
土水木各々をその納音で見れば、お久美は大駅土、大く土にまる。