“死亡”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しばう30.0%
しぼう15.0%
みまか15.0%
みまかり5.0%
うせて5.0%
おなくなり5.0%
ない5.0%
なく5.0%
なくな5.0%
なくなり5.0%
シボウ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翌年になり權官はを以てれてい、死亡したので、かに石をみ出してりにたのが恰も八月二日の朝であつた。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
下等船客支那人はまだ伊太利領海ぬ、よりしきされてにカンデイアとセリゴとの死亡した
『人死亡る時に、若くはきて自らひ、或は絞きて殉はしめ、及びちにし人の馬を殉へるが如き旧俗は、皆悉くめよ』
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
見せず惡事腰押或ひは賭博宿などして食客の五六人はす追々田畑賣拂ひ水呑同樣の困窮となり凡十四五年居る中女房死亡今では娘と兩人差向ひてに漸々其の日を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
娘が死亡の十三回忌より老爺は不起の病にかゝりぬ、觀念の眼かたく閉ぢては今更の醫藥も何かはせん、哀れの孫と頑なの翁と唯二人、傾きたる命運を茅屋が軒の月にながめて
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
死亡遊ばした母様に、よく顔がておいでだから、平常姉様と二人して、可愛がってあげたのに、今こんな身になっているのを、見ていながら、助けてくれないのは情ないねえ、怨めしいよ。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかも、事毎に藤吉と張り合って、初手から藤吉が死亡ものと白眼んでいる女隠居の行衛を、駒蔵はあくまでも生きていると定めてかかっているらしかった。
お神さんの方は先年死亡なりまして、今では大師匠一人なんですが、今の師匠の虎松は、実子で有りながら、どうも邪慳で、ちっとも大師匠の面倒を見ませんので、私は猶更気の毒で成りません。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
『私は……父はまだ達者ですが、母は私が学校を卒業する少し前に死亡りました。』
一月一日 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
段々聞くとお死亡になって仕舞ったので、是から探すので、伊香保へ探しに来たと云うわけではないので、これは湯治でげすが
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
レ、ミテリテハ沸々リテハハ、ミナトンノデアル。肉体死亡デアル。キミノ仕事ノコルヤ、ワレノ仕事ノコルヤ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)